一般内科

当クリニックでは、日本内科学会認定総合内科専門医として、幅広く内科診療を行っております。
風邪や腹痛などの日常的な疾患はもちろん、高血圧・糖尿病・高脂血症・痛風などの生活習慣病から、インフルエンザなどの急性疾患まで対応いたします。お子様からご高齢の方まで地域の方の「かかりつけ医」として、みなさまのお悩みに寄り添った治療を行っていきますので、お気軽にご相談ください。

  • 高血圧

    高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。目安としては、最高血圧が140mmHg、最低血圧が90mmHgを超えると高血圧といっていいでしょう。
    高血圧になると血管に負担がかかることから、動脈硬化を起こしやすくなります。さらには脳卒中・心疾患・慢性腎臓病などのリスクも高まります。血圧が高めと分かったら放置せず、まずはご相談ください。適切な診断と治療、それに伴う生活習慣の見直しが大切です。

  • 糖尿病

    糖尿病とは生活習慣病の1つで、血糖値が高くなる病気です。インスリンが十分に作用しないことから、ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなってしまった状態のことを指します。暴飲暴食・運動不足・ストレスなどの生活習慣のみだれや、遺伝による影響が主な原因とされています。
    血糖値が高い状態が続くと、糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害をはじめとした合併症が起こるリスクが高まりますので、治療をきちんと行い血糖コントロールをすることが大切です。

  • 高脂血症

    高脂血症とは、病気や薬、生活習慣や肥満などが原因で起こる脂質異常症です。原因となる病気には、甲状腺機能低下症や肝臓病、腎臓病、糖尿病などが挙げられ、ステロイドホルモン剤や利尿薬、避妊薬などの薬が原因となる場合もあります。
    脂質は多すぎると動脈硬化などの病気につながることもあり、体に悪影響をおよぼします。原因となる病気の適切な治療や薬の見直しなど、適切かつ迅速な対処が大切です。

  • 痛風

    痛風とは、尿酸が体の中に溜まり結晶となることで、激しい関節炎を伴う症状が出る病気です。痛風というと日常生活もままならないほどの痛みをイメージされる方も多いですが、医学の進歩や薬の開発に伴い、正しい治療を受ければ健康な生活を送ることができる病気です。
    しかし、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、合併症を招く重大な病気でもあります。必ず医療機関で正しい治療を受けるようにしてください。