特定健診

当クリニックは、広島市が実施している「元気じゃ健診(特定健診)」の実施医療機関です。
広島市国民健康保険に加入されている40歳から74歳の方を対象に「元気じゃ健診(特定健診)」が行われています。「元気じゃ健診(特定健診)」は、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病の早期発見に役立つとても大切な健診です。年に1回受診して、生活習慣病を予防しましょう。治療中の方も対象となりますので、お気軽にご相談ください。

特定健診の対象者と費用

広島市の国民健康保険に加入されている40歳以上75歳未満の方は自己負担額500円で特定検診を受けることができます。「特定健康診査の受診券」と「国民健康保険の健康保険証」を持参し受診してください。
なお、60歳以上であることの証明書又は市民税非課税世帯であることの証明書のいずれかを持参された方は無料です。

特定健診で実施する検査内容

必須項目 内容
診察 問診、身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)、身体診察、血圧測定
血液検査 脂質 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
血糖 空腹時血糖又はHbA1c
肝機能 AST(GOT)、ALT(GPT)、γーGT(γ-GTP)
腎機能 血清クレアチニン
尿酸 血清尿酸
貧血 赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値
尿検査 尿糖、尿たんぱく

特定健診から分かること

検査項目 検査からわかること
身長・体重・BMI 肥満、あるいは、やせでないかを調べます。
腹囲 内臓脂肪型肥満かどうかを調べます。内臓脂肪が過剰になると、たとえ体重が適正であっても、糖尿病や心筋梗塞などを引き起こしやすくなります。
血圧 収縮期血圧、拡張期血圧 高血圧、低血圧の有無を調べます。高血圧の状態が続くと動脈硬化を招きやすく、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす要因となります。
脂質 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール 血液中に含まれる脂質の量から動脈硬化の危険度などを調べます。中性脂肪やLDLコレステロールが増えると動脈硬化を進行させます。
肝機能 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GT(γ‐GTP) 血液中に含まれる肝細胞の酵素の量から肝臓の機能を調べます。数値が高いと、ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝などの肝障害が疑われます。
糖代謝 空腹時血糖、HbA1c 血液を採取して糖尿病の危険度を調べます。数値が高いと糖尿病が疑われます。
尿糖 尿中の糖の量から糖尿病の危険度を調べます。
腎機能 尿たんぱく 尿を採取して腎臓の機能を調べます。
血清クレアチニン 血液を採取して腎臓の機能を調べます。
尿酸 血清尿酸 血液を採取して痛風の危険度を調べます。
貧血 赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値 血液を採取して貧血の有無を調べます。
心電図 心臓が発する電流の波形の乱れにより、動脈硬化などの異常が発見できます。