睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸が繰り返され、睡眠の分断、深い睡眠の減少により日中に過度の眠気を伴う病気です。
昼間の眠気で、交通事故につながるという危険や日中仕事に支障をきたすというような直接的な問題があるのはもちろんのこと、睡眠時無呼吸症候群は、高血圧を高率に合併し、心血管系・脳血管系の合併症(心筋梗塞・脳梗塞)も引き起こす可能性がある、現代の生活習慣病につながる大きな危険因子と言えます。日本では、食生活の欧米化とそれに伴う肥満により、これからもっと増加するであろう病気と言っても過言ではありません。

当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の検査・診断を行っております。二大症状である「昼間の眠気」と「睡眠中のいびき」がお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • 睡眠時無呼吸症候群が疑われる症状

    大きないびきをかく
    睡眠中に呼吸が止まる
    夜中に何度も目が覚める
    起床時の頭痛やだるさ
    日中いつも眠い
    居眠り運転を起こしそうになる
  • 睡眠時無呼吸症候群の検査・診断

    簡易型睡眠時無呼吸検査
    まずは、簡易検査を行います。ご家庭で使用できる機械で、口や鼻の呼吸の有無といびき・無呼吸による血中の酸素飽和度の低下がないかを自宅で調べる事が出来ます。
    精密睡眠時無呼吸検査
    簡易検査にて睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合、治療に入る前に精密検査を行います。簡易検査の内容に加え、脳波や目の動き・顎の筋肉の動き・胸やお腹の動きをなど、さらに詳細に調べていきます。検査の結果、睡眠時無呼吸症候群と判断された場合は医師より最適な治療法をご提案いたします。